奥田修三さん
安土西の湖観光

 
   
第22回

滋賀県知事賞受賞!<その2>

2007年4月19日 菱川貞義

 

奥田修三

 団体やグループでの活動の発表が多いなか、奥田さんは個人として「奥田修三」でエントリーされていました。しかし、奥田さんの語りは少しも臆するところがありません。

 奥田さんのほかにも、市民研にかかわりのある個人や団体がたくさんエントリーしていました。

 
 いくつかのエントリー者がステージで活動をアピールしました。「びわ湖児童よし笛アンサンブル」は、よし笛によるミニコンサートです。

奥田さん

 奥田さんも西の湖探険学習船の地道な取り組みを紹介されました。後ろで丹波さんと望月さんが演出を手伝っています。

奥田さん

 さあ、いよいよ各賞の発表です。この46組のエントリー者からどこが受賞するのか、まさに緊張の一瞬です。

 そして、奥田さんは、グランプリは逃しましたが、見事グランプリの次の「まるエコ奨励賞」を獲得され、嘉田知事から直々に表彰状を受け取りました。

奥田さん
奥田さん 奥田さん
 
 さらに、選考では急遽、嘉田知事の発案で「『もったいない』で拓く滋賀の未来賞」が設けられ、個人でエントリーされていた友實富義さんと奥田修三さんが受賞しました。なんと、奥田さんはW受賞の栄誉に輝いたのでありました。これまでの活動に対する評価だけでなく、今後のますますの奥田さんの活動が大いに期待されているのだと感じました。
奥田さん 奥田さん
 
(つづく)

奥田さんの過去の記事はこちらです
「これまでの実績」