第5回

2004年9月16日 菱川貞義

e〜まち滋賀と市民研がジョイント!?

 びわこ市民研究所は滋賀総合研究所とずいぶん親しくさせていただいていますが、実は、もう、1年以上も前から話し合っていることがあります。それは「e〜まち滋賀と市民研をいっしょにしたら、何か利用価値が広がらないものだろうか?」というものです。

 たとえば、「e〜まち滋賀の電子会議室で議論されている、あるテーマの背景や活動のプロセスを電子会議室の参加者で共有することができたら、きっともっと議論が深まるだろう」というときに、「市民研のなかに市民研究室を開設して、そうした情報を交流させよう」とか、、。

 逆に、市民研究室内の交流や市民研究室どうしの意見交流の場として、「以前存在していた電子掲示板・びわこカフェの発展形として、e〜まち滋賀の電子会議室を活用できないだろうか」といったことです。

 先日も、滋賀総研の奥野さんと「e〜まち滋賀と市民研の協働」について話し合いました。

「いろんな団体の方の利用が考えられるけど、どうしたらいいだろう、という試行錯誤の段階を市民研究室化するのが市民研らしい」
ということで、奥野さんを中心に、 「市民研&e〜まち滋賀ジョイントプロジェクト(仮)」市民研究室を開設しようというアイデアに至りました。

 今後、どうなるかはわかりませんが、ほんとうに、e〜まち滋賀のネットワークと市民研のネットワークのお互いにうまくメリットになればいいな、と思っています。

 もし、この「市民研&e〜まち滋賀ジョイントプロジェクト(仮)」市民研究室がスタートしましたら、市民研究室のみなさんとも、ぜひ、いっしょに何か考えていけたら、と思います。

(つづく)