第1回 自己紹介<その1>
2004年4月1日 大林文彦

やまんばの会(近江町)の理事長。60才くらい。日光寺の元区長。

この団体の近江町が山の松枯れを何とかしようと平成11年に立ち上げた山林整備プロジェクト・別名「伐倒隊」と呼ばれた13人の活動が現在の会の発端。

この里山の維持・整備を通じて、「暮らしに里山を呼び戻そう」「森の人・街の人の交流」をキャッチフレーズに、ゲストハウス(林の中のログハウス)やまんば校舎を拠点として、地元の子供達の里山学習、ワクワク体験講座など四季のイベントに取り組むとともに、街の人らの森林ボランティア参加も呼びかけつつ交流ネットワークづくりを進めている。

最近、視察が多すぎてチット難儀しています。


 

やまんばの森に子どもと大人が大勢でにぎわっている風景

(つづく)